Abstract

本発明は、工程ライン(PL)で処理しようとする織物材料の繊維(F)のフック位置を変向する方法もしくは装置に関する。カード(K)とリング精紡機(RS)との間で、織物材料を処理する工程段階の数が偶数であっても、最終精紡機において正しいフック位置を保持するために、フック(H)を、処理工程の間に、工程ライン(PL)に設けられたコーマ(KM)において変向することが提案される。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (7)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-H07144830-AJune 06, 1995Mas Fab Rieter Ag, マシーネンファブリク リーター アクチェンゲゼルシャフトケンスの引き出し方向変更方法
      JP-H08232125-ASeptember 10, 1996China Textile Inst, チャイナ テクスタイル インスティチュート紡績用コーミング−ドラフティング方法及び装置
      JP-S4822134-B1July 04, 1973
      JP-S4825006-B1July 25, 1973
      JP-S4898130-ADecember 13, 1973
      JP-S513809-B1February 06, 1976
      WO-9723671-A1July 03, 1997Commonwealth Scientific And Industrial Research OrganisationMethod and apparatus for processing fibrous matter

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle