ミオスタチンを阻害する結合剤

Abstract

本発明は、ミオスタチンに結合し、そしてその活性を阻害することが可能なペプチドを含む結合剤を提供する。1つの態様において、結合剤は、ポリマーまたはFcドメインなどの少なくとも1つのビヒクルに、直接または間接的に付着した、少なくとも1つのミオスタチン結合ペプチドを含む。本発明の結合剤は、動物に投与した際、除脂肪筋量の増加、および筋に対する脂肪の比の減少を生じた。本発明の結合剤を含有する療法組成物は、筋萎縮障害、並びに糖尿病および肥満を含む他の代謝障害を治療するのに有用である。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (6)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2002513768-AMay 14, 2002メタモーフイクス・インコーポレーテツドGdf−8の阻害による糖尿病の処置法
      WO-0024782-A2May 04, 2000Amgen Inc.Peptides modifies utilises comme agents therapeutiques
      WO-0105820-A2January 25, 2001Pharmexa A/SProcede permettant de faire decroitre l'activite du gdf-8
      WO-0172771-A2October 04, 2001Dgi Biotechnologies, L.L.C., Novo Nordisk A/SAgonistes et antagonistes du recepteur de l'insuline et d'igf-1
      WO-02055544-A2July 18, 2002Dyax Corp, Charles R Wescott, James P Beltzer, Aaron K SatoFractions de fixation de la fibrine qui conviennent comme agents d'imagerie
      WO-0209641-A2February 07, 2002The Johns Hopkins University School Of MedicinePromyostatin peptides and methods of using same

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (2)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2012531428-ADecember 10, 2012アムジエン・インコーポレーテツド哺乳類以外の系で発現されるタンパク質の捕獲精製プロセス
      WO-2014119753-A1August 07, 2014学校法人 東京薬科大学, 学校法人 川崎学園Myostatin-inhibiting peptide